登山ツアーの状況はこちらCHECK

【登山日記】檜尾小屋でのお手伝い その1

こんにちは。
夏山に行っていますか?
さて、私事ですが、twitterでいろいろ告知していたように、8/12~14の3日間、中央アルプス 檜尾小屋のお手伝いに行ってきました。今年、中央アルプスの知り合いのガイドさんからお声がかかりお手伝いさせていただくこととなりました。

目次

檜尾小屋とは

檜尾(ひのきお)小屋とは中央アルプス 檜尾岳直下にある小屋です。これまでは檜尾岳避難小屋で無人の避難小屋でしたが、クラウドファンディングにより宿泊スペースが増設され2022年7月22日より有人の小屋として営業が開始されました。

アクセスは以下の通りです。

  1. 千畳敷から徒歩で約3時間
  2. 檜尾橋から檜尾尾根で徒歩約6時間30分
  3. 池山尾根から空木岳経由 ※健脚コースです

宿泊は小屋もしくはテント場となります。

小屋泊まり(素泊まり) 6,500円(お一人)
テント泊        1,500円(お一人)※先に小屋で受付をお願いします。

小屋の様子はこのような感じです。

檜尾岳山頂から檜尾小屋が見えます。小屋の左隣の建物はトイレです。
檜尾小屋入口です。入口はこれまで利用されていた避難小屋の入り口です。
小屋に入ると受付があります。マスコットのカモやんがお出迎えしてくれます。ちなみにこの看板をもって写真を撮ることができます。記念にどうぞ
就寝スペースです。ヒノキのいい匂いがします。
檜尾岳と小屋の中間にテント場があります。平らで岩もなく快適なテント場です。

泊まるときの注意点

檜尾小屋は有人小屋ですが、寝袋はなるべくご持参ください(レンタル可能です)。また食事の提供はありませんので自炊をお願いします。売店にカップラーメンやα米などが売っていますので、こちらを食べることも可能です。

お酒も充実しています。

飲み物については各種取り揃えています。

  • ビール
  • チューハイ
  • 日本酒
  • ウィスキー
  • 焼酎
  • ジュース(コーラ、なっちゃんオレンジ)

檜尾小屋には遅くとも16時までに到着をお願いします。16時以降になる場合小屋へお電話をお願いします。

電波事情

携帯電話は会社によっては圏外になります。

ドコモ     利用可能
au      ドコモに比べると電波は弱いが利用可能
ソフトバンク 利用不可

ソフトバンクユーザーの方はお気を付けください。なお、千畳敷から檜尾小屋までの登山道ではドコモは利用可能でした。

小屋からの景色

小屋に滞在していた中で見ることができた景色を載せます。

朝の雲海。正面には甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳が見えています。
小屋の入り口をフレームにしてみました。
小檜尾岳と駒ヶ根
もう少しで咲きそうなトウヤクリンドウ
濁沢大峰と宝剣岳
空木岳に向かう稜線
運が良ければ空木岳持見えます。

次回

次は10月にお手伝いに行きます。檜尾小屋は素晴らしい小屋なので皆様のお越しをお待ちしております。

今回の登山についてはヤマレコをご覧ください。

現在募集中の登山ツアーです。こちらも見てください。

杣人(そまびと)と友達になる

杣人を友達登録していただくと、登山教室の最新のご案内、LINEでの登山教室のお申し込みができます。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次