登山ツアーの状況はこちらCHECK

コロナに感染しました

こんにちは。みよっちゃんです。
タイトルの通りコロナに感染しました。すでに症状は落ち着きほぼほぼ完治しております。
登山とは関係ないですが経緯を。

目次

経過

5月24日

子供の保育園でコロナ陽性者が出たということで翌日からクラス休園になりました。子供に話を聞いたところ、○○ちゃんがお休みだったよ、仲がいいのと言っていて、もろ濃厚接触者のようでした。

5月25日・26日

この日は誰にも症状はなく普通でした。

5月27日

朝、駅まで家族に車で送ってもらいました。子供はその時は元気でした。昼前ぐらいに急に熱が上がってきて、発熱外来に行くと連絡がありました。1時間ほどしてコロナ陽性と結果が出ました。急遽、パソコン持ち出し準備と早退申請をし、家に帰りました。子供は38度台の熱が出ていてかなりしんどそうでした。解熱剤を飲んだら楽になってゆっくり寝ていました。
私の方はというと毎日している筋肉痛をためらってしまうほどのだるさがありました。思えばこれが予兆だったのかもしれません。

5月28日

子供の熱は下がり始めました。私は朝からアレルギー症状のような鼻水が出ました。鼻炎薬を飲むと止まったので鼻炎かと思いました。前日からだるさは続いていました。起床時の熱は37.1℃でした。

5月29日【発症0日目】

前日の鼻水は治り、日中はいつも通り過ごせました。夕方頃から重いザックを長時間背負ったあとのような肩のだるさがでてきました。夜に熱を測ると37.1℃、いよいよか・・・翌朝熱があがっていたら病院へ行かないとと思ったのを覚えています。

5月30日【発症1日目】

朝起きて熱を測ると37.8℃で鼻水に額当りが痛む頭痛、背中の痛み、咳、寒気がありました。急いで病院へ連絡。月曜のせいかなかなか捕まらず検査はお昼ごろにすることになりました。検査の結果、陽性でした。My-HERSYSとIMABYSの案内の神をもらい、頓服薬と咳の薬が処方されました。夜には39℃まで上がりましたが、頓服薬を飲むと熱が下がりよく寝られました。寝ている間に大量の汗をかいていました。

5月31日【発症2日目】

熱は37.5℃まで下がりました。しかし頭痛と背中の痛み、咳がまだ残っていました。

6月1日【発症3日目】

朝に熱を測ると36.3℃でした。相変わらず背中の痛みは残っており、座ったり立っていると痛む状態でした。熱は下がりましたが体の芯にまだ熱が残っている状態で、咳も少し残りました。背中にカイロを貼ると痛みが和らぎ徐々に痛みは小さくなっていきました。今更ながら県からパルスオキシメータ届いたのにはびっくりです。3000m峰に行くときは自前のパルスオキシメーターを持っているので不要でしたがいきなり今日届けますと言われ断ることができず。

6月2日【発症4日目】

朝は36.4℃で、背中の痛みもなくなり体調はほぼ戻りましたた。

まとめ

後日わかりましたが子供の保育園ではクラスターっぽくなっていたようでした。かなり子供の間では流行っているようで感染対策をどんなにしても看病するとかかります。熱が出たのは3日ほどで軽症の分類でした。症状としてはインフルエンザより辛い、熱はインフルエンザよりも出ないという感じです。いずれにせよ感染しない方がいいです。
ちなみに感染した人は症状が出た日から10日間隔離期間です。濃厚接触者は7日間です。
職場に迷惑をかけましたが理解のある職場でよかったと思います。また6月4日の奥多摩に申し込まれていた方も事情を話したら納得いただけたので非常に感謝しています。秋にまた奥多摩を企画しようと思いますのでよろしくお願いします。

杣人(そまびと)と友達になる

杣人を友達登録していただくと、登山教室の最新のご案内、LINEでの登山教室のお申し込みができます。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次