登山ツアーの状況はこちらCHECK

登山の呼び方について思うこと

こんにちは。段々寒くなってきましたね。そろそろ冬山の季節ですね。
さて昨日、twitterで以下のような感じでtweetしました。

「登山」って言葉がいつも「かったくるしいなー」と思っていて、何か親しみのある呼び方がないかなーと考えていて。あ、あるやん、「お登り山(おのぼりさん)」ってなりました。いろいろ意見はありますが、私的にはすごくいいと思っています。もっと若い人にも山に行ってみてほしいことから、今回このようなtweetしてみました。

私自身、大阪出身なので、おいもさん、八坂さん、おまめさんとか「さん」を付けて親しみを込めて呼ぶことが良くあります。
この、さん付け、なんでかなー思って、少し調べてみたらこんなことを見つけました。

NIKKEI STYLE
お豆さん・天神さん…関西人はなぜ「さん」付けが好き?|旅行・レジャー|NIKKEI STYLE 「お豆さん」「お日さん」「おはようさん」。関西では食べ物や自然、果てはあいさつまで幅広く、まるで人を呼ぶかのように「さん」を付けて丁寧に呼ぶ。温かみのあるやさし...

親しみや敬意を表して、さんを付けるらしいです。知らなかった・・・
なので登山に対して敬意を表して「お登り山」と言うようにします。メニューの登山教室は「お登り山」に、ブログは「お登り山日記」にしようかな。

お読みいただきありがとうございました。

杣人(そまびと)と友達になる

杣人を友達登録していただくと、登山教室の最新のご案内、LINEでの登山教室のお申し込みができます。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA